価格と特徴

平均的な価格について

予備校に通うためには、入塾金が必要なところがほとんどです。しかし、予備校によっては、予備校が実施している模擬試験で良い成績を残した生徒に対して、特待生として入塾金や授業料の割引サービスを受けることができる場合や、入塾金や授業料が免除される場合もあります。また、兄弟がいるご家庭においては、どちらかが先に入塾していた場合に、入塾金の割引や免除を受けることができるところも多くあり、評判があります。授業料に関しては、予備校講師一人あたりが担当する生徒数が多くなればなるほど、高くなる場合が多く、医学部などを目指すクラスについても、他のクラスより高くなる場合が多いです。自分の子どものニーズに応じて、利用することをオススメします。

予備校の特徴について

評判の良い予備校では、入塾時にクラス分けのためのテストを実施しているところが多く、その成績と志望校のレベルに基づいて、クラス分けがなされます。評判の良いところでは、各教科ごとに何クラスも習熟度別クラスを設けており、テキストの内容や指導の仕方などクラスごとに細分化されているところが多いです。そのため、自分と同じクラスになった生徒は、お互い仲間やライバルとして意識し合うため、競争心が強い子どもについては、負けたくないと必死に頑張ることになります。また、評判の良い予備校では、講師の他に、受験情報を提供したり、生徒の成績を管理することに特化したチューターというスタッフがいるため、常に最新の情報が入るため、安心して任せることができます。

実力を付けさせる

常に良い成績を取るようにするためには学力を向上させることがベストな方法です。そのことから塾に通う子供が多く、個別や団体など自分にあった指導スタイルの塾で勉強をしています。

進学に役立てる

大卒の方が給料が高いという会社や企業もあることから、大学受験をする人もたくさんいます。大学受験の対策を学校だけでなく塾で行うという人もたくさんいて、合格に向けて頑張っています。

克服で利用

苦手教科のせいで全体の成績が上がらないということもあります。こうなった場合は塾で苦手教科の克服をすることがベストです。塾では理解できるまで講師がしっかりと教えてくれます。